ロジックProでMIDIノートを使用したウォブルのベースを制御

Wobble? Wub-wub-wubub-wub. You guessed it we're talking Dubstep and how to change LFO rates by pressing a MIDI note in Logic. David Earl shows how using Logic's Environment everyone can wobble.  

だから私はダブステップに本当に(WHA?ダブ?きっとあなたは冗談!)、私に連絡したこの仲間を持っていた。

彼はアイデアを持っていた。彼は、MIDIコントローラを使用して、彼のES2のLFOレートを制御したかった。具体的に、彼は悪名高いWUB ....ダブステップのWUB-WUB-WubWubWubWubwWubWubを与えるLFOレートの変化を引き起こすために特定のMIDIノートを使用していました。

これは、LFOの速度パラメータに彼のキーボードからのMIDIノートを変更することが必要になります。今、私たちは、トラックオートメーションの割り当てを介してコントローラを割り当てることが、十分特異的ではないthatsの可能性があります。私が使用することにしました....

WUB WUB WUB Wuuuuuuub ....

環境ウィンドウ。


ステップ1 - ES2を設定する

最初に、ES2上でこれらの設定をコピーします。

ES2 settings


IVEは、も含まれ


あなたがロジックを再起動した場合、そのチャンネルストリップ設定は、ソフトウェア音源チャンネルストリップは、領域を設定するには右にポップアップする必要があります。


ステップ2 - フェーダーの値を検索

環境ウィンドウを開きます。ミキサーの層、我々のES2の生活に移動します。新しいプルダウンメニューで、モニターにES2オブジェクトの出力を監視し、接続を選択します。

ES2 object connected to the Monitor object


現在環境のウィンドウでES2をダブルクリックして、我々はLFO 2のLFOの速度を調整することができます。我々はこれを行うように、よく私達にそのパラメータのフェーダーの値を伝えるモニターでデータを参照してください。

Monitor shows fader value


LFO2s率の値をクリックします。使用

Monitor data


我々は以下のフェーダーの値のメモを取るしようとしている。

  • 32 = 1/2 note
  • 39 = 1/4 note
  • 40 = 1/4 note triplet
  • 44 = 1/8 note
  • 46 = 1/8 note triplet
  • 49 = 1/16 note
  • 51 = 1/16 note triplet
  • 55 = 1/32 note
  • 57 = 1/32 note triplet


ステップ3 - 変圧器の設定

環境の新メニューから、変圧器を選択します。

トランスオブジェクトをダブルクリックします。あなたは(私たちは彼らにやるが何であるか)の条件(我々が影響しているもの)、と操作するように求められます。


次の設定をコピーします。

Transformer settings


今、この変圧器はC0のノート値をとると、1月2日ノートにES2 LFOのレートを設定します。フェーダーの値に変換されています。

この変圧器8回​​以上をコピーして貼り付けます。その後の変圧器で39、40、44、等への最初の変圧器で32だった操作の値を変更します。また、D0 C#0、、D#0などに条件のノート値を変更する

今別のトランスを作成し、次の設定を使用します。

Second transformer settings


我々はノート値を使っているので、我々は、ノートオンを取得し、オフにします。この変圧器の値は、我々は音符を演奏していないときに私たちのLFOの速度が0になるように変更それをオフにすることに注意して取ります。


ステップ4 - ファイナルフック

前の9変圧器を取り、この新しい変圧器にそれらを配線します。 9変圧器にモニタを接続し、ケーブルを選択してDelete を押すことにより、ES2からモニタを外します。

テキストツールを使用してメモ入力からモニタの名前を変更し、インスペクタでモニタアイコンをオンにします。最後に、ES2、最後にトランスを接続します。

Monitor connected to the 9 transformers into the ES2


ステップ5 - そこのノートを入手!

環境ウィンドウのをクリックすると、ポート層に移動します。

音符を入力キーボード出力とselectFromノート入力のオプションをクリックします 。あなたは持っていけない場合

Option-click on the ‘Input Notes’ keyboard’s ouput


今C0ノート - G#1 ES2の速度を制御している!


ステップ6 - キー範囲を制限

あなたはまだC0が聞こえます - 彼らはLFOに使用されたときに再生G#1のノートを。ミックスからそれらを維持する簡単な方法は、C1にアレンジウィンドウでチャンネルストリップのキー範囲を制限することです - G8

Limit the key range of the channel strip in the arrange window to C1 - G8


そこにこの設定を調整するためにさらに多くの方法がありますが、これは概念を示すために良い方法です。





David writes music for all media including advertising, branding, movies, television, and games. He works for such clients as Sega, LucasArts, Microsoft Game Studios, Landor and Associates, Beyond Pix, Rich Pageant, and Nextel. He also teaches at an Apple Certified training facility in San Francisco called Pyramind and has long bee... Read More

Discussion

BenB
What a great technique! Thanks for posting! Love it!
Chris
I can not figure out part five. The option for me to click on is not there. I option click and none of the transformers I built are there for choosing.. What am I missing?
Rounik
Hi Chris,

Are you Option-clicking on the output of the output triangle on the Keyboard object?

If the Transformer's are still not visible in the drop-down menu go the layer with your Transformers, select each one and make sure (in the Inspector on the left of the Environment window) that "Icon" is ticked/selected.

There are other ways to connect one object to another. If they are in the same layer simply drag the output to the input of another object... or open two Environment windows (both displaying different layers), place them side by side and track from one object's output to another in the other window.

Hope that helps
R
Chris
HA!! Checking the icon box worked. I suppose that initiates the object to be in all layers of the environment? This tip will help a lot going forward in my discovery of the environment. Thank you so much!
FrankSalvato
Brilliant David!

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!