Pro Toolsでは、セッションのテンポに読み込んだオーディオ準拠

It's easy as pie to automatically match audio to the session tempo in Ableton Live, but it's possible to do this manually in Pro Tools as well. Joe Albano shows how to make it automatic!  

Abletonのの一つは、大きなセールスポイントは常にいくつかの他のDAWで、これは多くの場合手作業で行う必要がありながら、箱から取り出し、オーディオは、セッション·テンポconformedmatchedto自動的であることであった在住。 Pro Toolsでは、そこに(他のセッションまたは他のソースからの)オーディオをインポートするいくつかの方法が、現在のセッションのテンポと一致し、かつ追従させることが可能であり、これは次式で同様に自動的に行われるように設定することができ手動調整。この記事では、病気だけでPro Toolsが自動的に適合を行うために取得する方法に焦点を当てる。

ワークスペースウィンドウ

読み込んだオーディオのテンポを一致させる最も簡単な方法の一つは、ワークスペースウィンドウを経由してインポートすることである。

Fig 1 Pro Tools’ Workspace Window.

図1 Pro Toolsのワークスペースウィンドウ。

このウィンドウには、(Mac用)のFinderとほぼ同じブラウザですが、それはオーディションやオーディオファイルをインポートするのが簡単な作業になります。 youveはオーディオファイル(複数可)、希望を見つけたら、あなたはプレビューボタンをオンにすることができます(ドラムのビートを言うことができます)、そしてあなたが別のオーディオファイルを選択した通りであり、Pro Toolsは、オリジナルのテンポで、themasが再生されます。あなたは(ちょうど右に)エラスティック·オーディオ·ボタンを有効にした場合しかし、その後Pro Toolsはオーディオの特定のビットが話しセッションyoureの中でうまく動作するかどうか、それがはるか​​に容易に決定することは、現在のセッションのテンポで代わりにすべてのオーディオファイルを試聴しますにそれをインポートします。

しかし、本当に便利な部分はyouveはインポートするファイルを選択したら、あなたは(最後のトラックの下)編集ウィンドウの空白の領域にドラッグしたり、Pro Toolsはエラスティック·オーディオ(と目盛りモードで新しいトラックが作成されます、ということです)すでに有効なので、ファイルはセッションと同期して、現在のテンポでプレーする準備が整いました。注意事項(下記参照)も、このアプローチでは、ループで最適に動作し、それは任意のオーディオと共に使用することができる。

Fig 2 A newly-created Elasticized track.

図2新しく作成された伸縮性トラック。

ドラッグ

ちょうどデスクトップまたはFinderのwindowProツールから直接オーディオファイルをドラッグすることが時にはその方が便利だけでなく、このための手当を作る。 theresの適切にデスクトップからドラッグ&ドロップという名前の好みは、環境設定ウィンドウ処理ペインにアクセスすることができますセッションのテンポに準拠しています。

Fig 3 The “Drag and Drop from Desktop Conforms to Session Tempo” preference.

図3は、デスクトップからのドラッグ&ドロップはセッションのテンポの好みに準拠。

このオプションを有効にすると、それは、現在のセッションTempoyoullでプレーする準備ができて、セッションにオーディオファイルをドラッグ&ドロップすると、Pro Toolsは元のファイルを取り込むだけでなく、その伸縮性のバージョン(クリップ)を作成するだけでなくことを意味しますクリップリストの両方を参照してください。同じペイン内の別の選好、エラスティック·オーディオ

デフォルトでは、この好ましいのは、これらの標準ループのいずれかの形式でファイルのみがセッションのテンポに適合されることを意味し、のみREXやACIDファイルに設定されていますが、すべてのファイルに切り替える場合は、.wavファイルを適合することができると。 AIFは、同様にファイル。

ただし、[インポート]コマンドからオーディオをインポートした場合(ファイル

テンポの問題

しかし、私は以前の警告に言及した。宣伝通り、あなたのための伸縮性クリップを作成し、時々、あなたは上記のように、正しくオーディオのインポート、およびPro Toolsの場合でも、オーディオはまだセッションのテンポと完全に並ばないことがあります。準拠およびインポート中にPro Toolsは、それがバックグラウンドで行う必要があるオーディオファイル、本来のテンポを決定する難しさを持っている場合に発生することがあります。

youreの持ち込みオーディオ(REXやACIDなど)標準のループ形式である、または8小節や1(エクストラ)ビートとは対照的に、ファイルは、正確にバー(たとえば、8小節の正確な数であることがトリミングされている場合)、その後何の問題があってはならない。しかし、オーディオファイルがバーの奇数が長い、またはオーディオの本来のテンポが安定していない場合は、Pro Toolsは元のテンポを誤って計算があり、それが現在のテンポにマッチするオーディオElasticizesとき、タイミングがoffanywhereになりますわずかドリフトから明らかなミスマッチ!

これが起こるとき、youllは手動でそれに対処しなければならない。あなたがオーディオの本来のテンポがわかっている場合は、単にそれが何であるかは、Pro Toolsを伝えることができ、これがエラスティック·オーディオは、現在のテンポに適切にファイルを適合させることができ、どんな計算ミスを修正しなければなりません。あなたは、ファイルを選択し、適切なフィールドに正しい元のテンポでエラスティック·プロパティ·ウィンドウ(ショートカット、クリップメニュー、または右クリック)し、タイピングを開くことによって、これを行うことができます(図4を参照)。 Pro Toolsは、この新しい情報に基づいて再計算されます、そしてあなたが行って良いことがあります。

Fig 4 Entering the correct original tempo in the Elastic Properties window.

図4は、エラスティック·プロパティ·ウィンドウで、正しい元のテンポを入力する。

あなたはいけない場合、元のテンポを知っている、またはそれが変化した場合、その後、あなたはそれを決定するために、元のオーディオファイルをbeatmapする必要があります。一貫して異なるテンポ(のようながあるかどうかを別のセッションにドラッグして、通常のビートマップ技法を適用する(ビートを特定し、棒を数える)fileyouの正しいテンポを決定することであろう簡単な方法の1つは、短いセクションに分けてすることをお勧めします例えば詩よりもコーラスでわずかに速いテンポ、)。あなたは正しい、元のテンポの基準を知ったら、テンポが大きく変化aboveifあなたも同じ(エラスティック·オーディオ)のトラックに、異なるクリップごとに独立し、これを行うことができますように、すべての問題を修正するために、それを入力することができます。 (だけでなく、Pro Toolsでこれに対処する他の方法は、古いBeat Detectiveの機能と同じように、ありますが、この短い記事では、ビートマップより自動準拠に関する詳細なので、私は文句を言わない、ここで考えられるすべての技術をカバーしよう。)

youreの配置をポンプアップするためにドラムループをインポートするか、別のテイクから代替一部をしようとしているかどうか、Pro Toolsが自動的に大きな時間を節約でき、現在のセッションのテンポに読み込んだオーディオ適合持つ、わずかに異なる速度で再生。そして、それは少し余分な手作業を要する場合であっても、ずっと先にゲームのまだyoureの。しかし、問題はあなたの注意を必要とするものまでトリミングする場合に最ものDAWにも、この能力を持っているnotewhile、それぞれが修正に近づいて独自の方法を持っています。あなたは、Pro Toolsでのインポートに問題に実行する場合、うまくいけば、この記事では、それらを整理いくつかの助けを行ったことになる。

Joe is a musician, engineer, and producer in NYC. Over the years, as a small studio operator and freelance engineer, he's made recordings of all types from music & album production to v/o & post. He's also taught all aspects of recording and music technology at several NY audio schools, and has been writing articles for Recording magaz... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!