Avidは、合理化します。赤井、アレシス、Numarkの購入M-Audioの

The world is not a certain place from one day to the next, and change is in the air for the audio industry following today's surprise announcement by Avid and inMusic (Akai, Numark and Alesis).  

さて、ここでは、Avid、Pro Toolsの背後にある企業から興味深い発表です。彼らのプレスリリース(下記参照)によると、Avidは、 "合理化と運用の簡素化"とその専門的なユーザーベースでより密接に集中するために、彼らの人気製品ラインの数を投下されています。

特定の驚きのプロシューマーの音楽市場は、特にタブレットのユーザーとコンピュータ愛好家の間で、成長して表示されている間、AvidはinMusic(アレシス、Numark社と赤井の親会社)にM-Audioとエアソフトウェアを売却していることです。また、コーレル社は、Avidスタジオ、Pinnacleスタジオ、iPad用のAvid Studioのアプリを含むAvidの民生用ビデオ製品の新しい所有者となります。

結合された販売からAvidは、約17百万ドルのリターンを推定する。

ので、これはエンドユーザーのために何を意味するのでしょうか?オーディオ業界カットを作り、彼らのプロのユーザーに焦点を当てての大きな選手の一人で、私たちは、ハイエンドのスタジオユーザーに焦点を当てて、将来的にはPro Toolsの以下の統合されたオープン·バージョンを参照してくださいことを期待しますか?あるいは、これは正反対を綴る、私たちは着手したバージョン10のネイティブオープン/パスに沿ってより深い旅行のPro Toolsを参照してくださいする可能性があります。

いずれにせよ、それは確かにM-Audioと空気のソフトウェア製品はinMusic製品範囲に統合されているか見るのは興味深いだろう。私の最初の感覚は、最終的に赤い/ Numark社/アレシスはどのくらいこの買収がもたらす影響を正確に教えてくれるオーディオアクセサリーやDAWハードウェアコントローラ、DJコントローラやプロシューマーの音楽家時間短縮のためのオーディオインターフェイスの最も重要な会社になることですが、それは確かに興味をそそられる。あなたはどう思いますか?


下にあるAvidのサイトからプレスリリースの全文は

今日のAvid(NASDAQ:AVID)は、メディア企業とポストに会社を集中する戦略的な一連のアクションを開始

我々は、Avid、より集中的かつ機敏な会社にする今日発表された変更は、ゲイリー·グリーンフィールドは、Avidの最高経営責任者(CEO)は述べています。業務を合理化し、簡素化することで、私たちは企業と専門家の顧客とより密接に改良された財務実績とパートナーを提供することを期待しています。我々の目的は、彼らが作成できるように革新的なソリューションで、これらを顧客に提供するために残る最も最も見に耳を傾け、世界で最もメディアを愛した。イムは、私たちの将来の展望に興奮。

Avidは、その民生用オーディオおよびビデオ製品ラインを売却することに合意した。 companysの民生用オーディオ製品は、とりわけinMusic、アカイプロフェッショナル、アレシスとNumark社の親会社に売却されています。カンバーランド、ロードアイランド州に本社を置き、inMusicのブランドは最高の音楽制作、パフォーマンス、DJプレイのための革新的な製品を製造するために知られています。このトランザクションに関与する製品は、M-Audioのブランドのキーボード、コントローラ、インターフェイス、スピーカー、デジタルDJ機器と他の製品ラインが含まれています。 Avidは、そのソフトウェアとハードウェアの業界をリードするPro Toolsのラインと同様、Mboxおよびファスト·トラックを含む、関連するI / Oデバイスを開発し、販売していきます。

これとは別に、companysの民生用ビデオ編集ラインは、Corel Corporationの、カナダのオタワに本社を置く消費者向けソフトウェア会社に販売されています。このトランザクションに関与した製品は、Avidスタジオ、Pinnacleスタジオ、およびApple iPad用のAvid Studioのアプリと同様に、他のレガシービデオキャプチャ製品が含まれます。

売却の製品ラインは6.77億ドルのAvids 2011年の収入の約$ 91百万貢献しています。トランザクションの一部として、Avidの特定の従業員は、各承継会社に転送されます。 Avidは、これらの取引による収入はエスクローで開催された部分と、在庫調整を閉じるに従う、約1700万ドルになると予測しています。両方のトランザクションは、2012年7月2日、今日はクローズすると予想されます。

Avidはまた、業務を合理化としての売却や人員削減計画の影響を受け、その恒久的な従業員ベースの約20%で、その従業員の数を減らすことを計画しています。

2012年3月31日にcompanysの現金残高は4970万ドルでした。これらの製品ラインの売却による収入は、2012年に支払われた事業再編費用の大部分を相殺する必要があります。


Rounik is the Executive Editor for Ask.Audio & macProVideo. He's built a crack team of professional musicians and writers to create one of the most visited online resources for news, review, tutorials and interviews for modern musician and producer. As an Apple Certified Trainer for Logic Pro Rounik has taught teachers, professional... Read More

Discussion

Gary Hiebner
Very interesting. You never know what to expect with Protools. First its a closed system with specific hardware needed, then its an open system that can work with any audio interface. Now this...

They always keep us guessing.
BenB
Being that close to bankruptcy for so long, the second (or is it the third) major employee layoff, second time they've sold off products, it's going to be very interesting to see what Avid does over the next year.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!