Logic Proのではチューブの暖かさを追加する

It would be great if Logic Pro came bundled with a Tube Warmth effect plug-in... Well, it does. Darren Burgos demonstrates how subtle use of Logic's Clip Distortion effect can add warmth to any track.  

特にLogic Proでの効果という名称のチューブの暖かさはありません。しかし、それはすべてのクリップのディストーションプラグインで構築され、 オーバードライブがあなたトラックに暖かさと深さを追加するには微妙な方法で使用することができます。アレントが意味するものではありませんこのレッスンでは、病気のベースにチューブの暖かさの音を追加できますが、どんな楽器やボーカルは、この恩恵を受けることができます。すべての歪み系エフェクトは、実際に物理的な世界から何かのモデルであると言ってもデジタルの世界にはボリュームの天井は、その安全は技術的にはありませんので。歪みは、真空管とトランジスタがその容量に駆動されたときに起こります。言うまでもなく、これらは、ソフトウェア内に存在いけない!


ステップ1

クリップの歪み(よくデフォルトのプリセットを使用します)で始まります。 LPフィルタの直進から20,000 Hzまでずっとそれを押してください。ローパスフィルタは、ドライとエフェクト信号に影響を与える包括的なフィルタです。それはすべての方法を押し上げて、元のサウンドはそのまま残ります。

LP filter to 20,000Hz


ステップ2

トーン·スライダーは、実際にはハイパスフィルタ(スライダを押し上げるようにハイロウズが切断されています)です。低音に微妙なアナログ感を追加するには、youllは主にダウンこのスライダーを維持したい。高い値(クールサウンドただし、あまりにも)は、高域の歪みに焦点を当てます。

Tone slider at low setting


ステップ3

今までのすべてを100%に設定ミックスを押してください。これは、クリップのディストーションサウンドに何をしているか純粋に聞くことができます。原音にミックスするミックススライダWAYを停止します 。私は私は通常非常に低く設定されています。イムは、ちょうど安値の下に若干のあいまいさを追加したい。

Mix slider down


ステップ4

クリップの歪みは非線形歪み(実際の管である)と見なされます。ドライブとシンメトリーの設定は、味に厳密です。ドライブの設定は、バーチャルチューブ/回路を駆動する入力信号の音量を上げることができます。対称性のスライダは、音が回路を通過するとなるどのようにねじれを選択します。 (これはクリップ回路表示にグラフィカルに表示されます)。

Symmetry slider


ステップ5

あなたはグランジのいくつか作成したthatsを取り除くことができるようにクリップのフィルタはローパスフィルタです。これは味にも、私は鉱山が1600Hzに設定されています。

Adjust clip filter


ステップ6

ハイシェルフ·セクションでは、周波数とゲイン·ノブの両方を持っています。その基本的には正確にそれが聞こえるように。チャンネルEQに建てられた論理学のようなEQのように考える:あなたは低域と高域の両方で提起された、または低下させることができる平らな表面を作成することができます。これは最高です。低音はきらめきのビットを必要に応じて私があるbasswouldにitif追加チューブの暖かさを使用する唯一の理由。も非常に深い音がいくつかの方法を持ち出しする必要があるかもしれませんそれらに高い周波数/高調波があります。

クリップの歪みのない私の元のベースのサンプルをHERESに:

[オーディオID = "11324"]

クリップの歪みを介して実行私の低音部ののサンプルをHERESに:

[オーディオID = "11322"]


ステップ7

次に、クリップの歪みの下にオーバードライブ効果に置くことができます。この時点で考えている私は賭け、[OK]を、HESはこの事の一体を歪曲するつもりだ。それは、プラグインの名前のように聞こえた場合、間違いなく期待するだけのことにおいは。プリセットメニューからクリーミーなチューブを選択し、Output.Thisを調整する優れたプリセットであり、実際に音を引き出します。

Creamy Tube


クリーミーチューブプリセットでクリップのディストーションオーバードライブを介して実行私の低音部ののサンプルをHERESに:

[オーディオID = "11323"]


オーバードライブは、実際にそこにいくつかの高値を入れて!低音ははるかに自信を持って暖かくなることを、バックグラウンドで隠れてから行ってきました。お楽しみください!


Darren started making music on computers when he was a teenager in 1987. His first computer was an Amiga, and when he realized the power of computer-based production, his addiction for making electronic music began. Darren switched to Mac in 1994 and started using Logic Pro. He's been involved in many music projects over the years incl... Read More

Discussion

Gary Hiebner
Great explanation on the Clip Distortion for Tube Warmth. I have rarely used this plugin. Now its time to use it for some warmth in my mixes. Thanks!
DarrenB
Cool! Yeah, I love Clip Distortion when used sparingly :) ! Try it mixed down even lighter than in my example (9 or 10%). I set the mix a bit higher so it could be clearly heard in the examples.
lostinthesound
Great article! Overdrive is an essential tool in my arsenal. Admittedly, I never though of combining both the overdrive and clip distortion...I really like the results in your audio example.

Time for some experimenting.

Cheers.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!