アシッドハウスパイオニア、Charanjitシンは、高齢者死亡した75

Where would we be without Acid House? Have you considered there could be a connection between it and Indian ragas? Pioneer, Charanjit Singh did as far back as 1982. Today he has passed away.  

アクションでCharanjitシン。写真:サシャPohlflepp、CC 2.0

アシッドハウス、Charanjitシンの意図しないパイオニアは、ピッチフォークに応じて彼の睡眠中に亡くなりました。シン、ボリウッドの元セッションミュージシャンは、技術には見知らぬ人ではなかったです。だけでなく、熟練したギタリストの彼は、ハードウェアシンセやドラムマシンにありました。 80年代初頭に彼はアルバム、それはインドで任意の進歩を遂げるんでし1982年にリリースローランドTB 303、TR 808、およびジュピター8の助けを借りて、ディスコビートに10ラーガを作成しました。しかし、20年後に再発見されたと彼は最終的に彼は電子音楽愛好家の間で当然のクレジットを持って言うことを2010年言うまでもなくで再リリースされました。

ここではYouTubeで、 ディスコビートに10ラーガ 、その時間の前に彼のアルバムを聴いてください:

Although we seem unable to officially call Charanjit Singh the "inventor" of Acid House, it's nice to think he was recognised before his death. In fact he had been planning on playing a show in London and releasing an album of Indian folk music.

Find out more on The Wire

Rounik is the Executive Editor for Ask.Audio & macProVideo. He's built a crack team of professional musicians and writers to create one of the most visited online resources for news, review, tutorials and interviews for modern musician and producer. As an Apple Certified Trainer for Logic Pro Rounik has taught teachers, professional... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!