Ableton Liveの:MIDIキーボードを使用してトランスポーズクリップ

There's plenty of useful tricks for working in Ableton Live which make life feel wonderful! Rory Dow, Ableton expert, explores the ins and outs for transposing clips using a MIDI Controller.  

Ableton Liveは、その袖楽しいトリックのすべての方法を持っています。あなたは転置MIDIとリアルタイムのオーディオクリップはMIDIキーボードを使ってできることをご存知でしたか? HERESにどのように。


ステップ1 - お使いのMIDIコントローラをセットアップする

開始する前に、MIDIキーボードが命MIDI同期設定のリモート使用するために有効になっていることを確認してください。


Live's MIDI Sync preferences

ここでは、このエディロールのMIDIインターフェイス上の第四入力がリモートデバイスとして使用することが有効になって見ることができます。


ステップ2 - MIDIマップモードを有効にする

MIDIコントローラは、リモート有効にすると、単にCPUメーターの左側に、命インターフェースの右上隅に、頭を環境設定を終了し、MIDIマップモードスイッチを有効にしてください。

MIDI Map Mode Switch

MIDIマップモードを有効にすると、ライブのほぼすべてのコントロールは、MIDIメッセージにマッピングすることができます。


MIDIマップモードで、画面に触れて、任意のコントロールにフォーカスがなったとき。ライブコントロールをしながら受信した任意のMIDIメッセージは自動的にそのコントロールにマップされて注力している。


ステップ3 - セットアップクリップ

あなたは、セッションビューで移調したいMIDIやオーディオクリップを選択します。 MIDI経由で移調クリップアレンジメントビューでのクリップでは動作しません。

選択したら、どのと転置クリップでのキー範囲をライブ与えることができます。あなたのキーボード上の3つのノートを押すことでこれを行います。最初の音符は、ルートに注意されます - クリップはその自然なピッチで再生する時に注意してください。このキーが開催された維持しながら、あなたは転置にクリップを使用したいし、最低と最高のキーを押します。クリップ自体では、あなたが選択した内容が表示されます。

Mapped clip

ここでは、クリップがG1のルートノートとC3にkeyrange C1との間でマッピングされていることを確認することができます。


ステップ4 - あなたのクリップを再生する

MIDIマップモードを終了するには、もう一度MIDIマップモードスイッチを押してください。今、あなたのクリップを再生すると転置するために、範囲内に設定し、MIDIキーボードを使用することができます。あなたはオーディオクリップを使用している場合は、クリップが動作するように移調するためのワープモードである必要があります。

それは、クリップの起動量子化値のサイズを小さくする価値があるかもしれません。クリップが開始され、それによって転置されたときにこの値が決まります。味には、この値を設定します。

Quantization parameter

量子化パラメータは、クリップが起動し、転置される時に値を設定します。


ステップ5 - もっと楽しい

この楽しい機能を使用するには、私の個人的な好みの方法では、MIDIクリップを使用することです。クリップした後にスケールと呼ばれるMIDIエフェクトを配置してみてください。これは場合でも、あなたはそれを転置そのMIDIトラックの出力は、常にお好みのキーやスケールになるように強制されます。これは、そうでなければ決して見つけることかもしれない新たなメロディーとコード進行を発見するために非常に効果的な方法にすることができます。

このメロディに耳を傾ける。

[オーディオID = "13601"]


そしてそのメロディーはまだ元のキーとスケール内で再生しながら生きて移調する方法を参照してください。

[オーディオID = "13602"]


あなたが日常的に行う場合があり、そのいない何かをしながら、クリップを移調することにインスピレーションを起動して、組成、ライブパフォーマンスやサウンドデザインを支援することができ、それらのきちんとしたトリックの一つです。離れてトランスポーズ!

Rory Dow is a musician, sound designer and writer. He spent 15 years as a freelance musician writing for television before side-stepping into music software production. The majority of his work is taken up as a trainer and sound designer for London-based software company FXpansion but he also likes to write music and articles and is a ... Read More

Discussion

Gary Hiebner
Great Tip. Really nice easy way to jump between clips if you don't have a Launchpad of APC. Thanks.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!