Abletonはライブ:ノイズベースの遷移を作成します。

Practically every musical style relies upon transitions and build-ups to maintain listener attention, communicate emotion and ultimately tell a story. Gary Hiebner gets noisy in Ableton SImpler.  

ですから、この偉大なトラックを制作している。あなたは詩とコーラスセクションには満足だが、何かが不足しているような。いくつかのダイナミクス?いくつかのコントラスト?私が本当に有用である発見すると、曲のあなたの別のセクション間buildupsを作成することです。何がこれがサンプラーでホワイトノイズのサンプルを使用しているために非常に適しています。より簡単な、いくつかの側鎖の圧縮Abletonsを使用するには、セクション間の興味深いbuildups遷移を作成し、アクティブなリスナーの興味を保つことができます。


ステップ1は、ホワイトノイズのサンプルを検索

私は詩と私はと満足しているサビの部分を持っていますが、それは二つのセクション間でより多くの何かを必要とするように、そのは感じている。

verse and chorus


ここでは、私がビルドアップのセクションを追加する前に私のトラックは鳴るもののようです。

[オーディオID ="10332"]


私は2つのセクション間の蓄積のセクションを作成するには、ホワイトノイズのサンプルでより簡単な使用するつもりだ。私は私のサンプルのライブラリフォルダからホワイトノイズのサンプルを使用している。あなたがそれを使用したい場合、私はファイルを添付している、または、任意のホワイトノイズのサンプルを使用することができます。シンプルな中にこのサンプルをドラッグします。

Simpler


Abletonのシンプ​​ルなフィルタのセクションを使用するには、サンプルを微調整し、サンプルに含めるしたくない周波数をフィルタで除外することもできます。私は2.67 kHzおよび2.35 resに周波数をカットバックしている。私は、より高い周波数を戻すために、とにかく後でこれらの機能を自動化するつもりです。

the filter


てより簡単なチェックの使用方法の詳細については、 チュートリアルの深さでローラEscuds


ステップ2サイドチェーンそのノイズ

私はシンプルなドラムパターンをプログラムした。何がここで重要なのはキックです:私は、コンプレッサーのサイドチェーンのモニターソースとしてこのキックを使用することになります。

シンプルで後にコンプレッサーを配置。あなたが(サイドチェーン機能を紹介するためにコンプレッサーをバイパス]ボタンの横にある矢印をクリック)側鎖のソースを見ることができるように、その後コンプレッサーを展開します。サイドチェーンボタンをアクティブにします。 からオーディオからキックのチャンネルを選択します。

あなたがポンピング効果を作成するホワイトノイズを聞いて開始するまでのしきい値をダウンさせ始める。また、トラックに適したポンピング効果を作成するにはアタックとリリースタイムを調整することができます。

Side Chain compressor


詩とコーラスの間に私は4バーホワイトノイズのサンプルを追加しました。私はホワイトノイズのセクションのためのスペースを作成するためのビルドアップセクションでシンセを減少している。

white noise chorus


ステップ3は、ノイズをフィルタする

私はコンプレッサーの後にEQエイトが挿入されているホワイトノイズと動きを作成する。ローカットを選択:私は、低周波数をカットすると同時にQを上げるつもりです。私は2つのバーの経過とともに、これを自動化されます。これにより、蓄積部の緊張が作成されます。

Low cut on the EQ8


ステップ4は、ノイズを自動化

人生にこの音を持って我々はいくつかの自動化を追加する必要があります。 EQエイトローカットバンドを選択アレンジメントビューに切り替えます。あなたが戻ってミックスに高い周波数を導入するように2つのバー上の曲線で描く。

Automate the EQ8's FX


EQ8 Resonance


ステップ5は、効果を自動化

何もできることはリバーブやディレイを追加し、また蓄積中にこれらを自動化です。狂った発明である。あなたはフェイザーも、非常によくトリックを行うかもしれません。

私は単純にフィルターやレゾナンスセクションを自動化している。

Automating the resonance


Filter automation


私はまた、EQエイト後にピンポンディレイを追加し、送信チャネルのセットアップリバーブを持っている。私は、ディレイウェットの設定を自動化している。

Ping-pong delay


wet Delay automation


セクション間のホワイトノイズの音量レベルを自動化することも、来てセクションを予測するリスナーのための別の素晴らしい方法です。

volume automation


私はまた、リバーブはそれが4小節の蓄積の最後に頂点のポイントに達するまで、ボリュームが増加するにつれて増加するレベルの送信を自動化している。

reverb send


send automation


ここにトラックがそれぞれの詩とコーラスのセクション間の蓄積で聞こえるかです。

[オーディオID ="10333"]


結論

Buildupsは、生産者が曲の重要な部分がアップしていることをリスナーに伝えるために私達を可能にする重要なテクニックです。セクション間のこれらの緊張を作成することによって、我々は、本当にリスナーが積極的にトラックに耳を傾け、より多くを望む保つことができます。

さらにAbletonのための製造技術は、オラフBasoskiとブライアンCasssのチュートリアルをチェックアウトします。

ライブ8 404

ライブ8 402

ライブ8 303


Gary Hiebner is an enthusiastic South African Sound Designer and Apple Tech Head! Gary has been involved in the South African music industry for the decade, and in this time has also been involved in the sound design and music production for many advertising agencies and media houses. Gary is a devoted Logic and Ableton user, but he al... Read More

Discussion

سلام من راننده تاکسی هستم می خواستم یک کیتی داشته باشم که با برق ماشین کار کند و بر روی اشخاصی که با موبایل در تاکسی صحبت می کنند نویز بندازه تا مزاحم راننده تاکسی نشوند ازتون خواهش می کنم من را یاری کنید و یا نقشه انرا برام بفرستید تا به شعاع 1مترو نیم بتواند ایجاد نویز کند باز هم ازتون ممنونم و خواهش می کنم من را یاری کنید

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!