Abletonのプッシュのための6電源のヒント

Having had the luxury to cosy up with his Push, Noah Pred shares some insights on how to squeeze the most out of Ableton's premium hardware instrument and controller.  

Liveの新しいプッシュ機器と仲良くするために数ヶ月の贅沢を持っていたので、私は、この強力なツールを最大限に絞るために、いくつかの貴重な洞察を得てきました。ここでは、あなたの創造性をターボ充電する6つのヒントです。


ヒント1 - 最大ラック

この時点で、プッシュネイティブにサードパーティのプラグインと連携していませんが、あなたはまだそれらを使用するために置くことができます。それは宿題のビットを必要としながら、独自のラックを設計することは最終的にあなたが本当に自分自身のものの楽器、サウンドやエフェクトのユニークなライブラリを構築するのに役立ちますし、プッシュのを経由して最も重要なパラメータに簡単にアクセスするためのラックのマクロコントロールを構成することによって、 8ダイヤルは、あなた自身にこれまで以上に微調整が容易になるの好意をやっているだろう。でも、ライブ自体の機器は間違いなく最高の彼らは他の楽器とのレイヤードも、様々な効果デバイスと組み合わせることができ、ラック形式で提供しています。一度あなたの最も重要なラックを構築し、あなたのライブラリーに保存されているが、プッシュは、もはやあなたのお気に入りのライブとサードパーティを実装するには、コンピュータを見ていない、つまり、ユニットの内蔵ブラウザナビゲーションを介してそれらを呼び出すことができるようになりますデバイス。独自のインストゥルメント、ドラムとエフェクトラックの構築の詳細については、私のチェックアウトラックに夢中、AskVideoチュートリアルを 。


ヒント2 - あなたのデフォルトを設計

類似のノートでは、9の新しいデフォルトのトラックがプッシュを介してあなたのセットに新しい要素を追加することがさらに容易にするライブ。もう一度、そこに関わるいくつかの宿題ですが、ペイオフは重要です。あなたが常に持っているために、そのそれぞれのタイプの新しいトラックを好きなエフェクト、楽器や他のデバイスとのあなたの理想的なオーディオとMIDIトラックを設定した後、トラックの右またはControlキーを押しながらクリックのコンテキストメニューから、二番目のオプションを使用してデフォルト値としてそれらを保存することによってコンテキストメニューの一番下に)あなたは、単にプッシュでトラック追加ボタンを押すことができ、あなたのトラックタイプを選択し、それはあなたがそれを設定したのと同様に、そこにある。

Control-click menu


たとえば、デフォルトのMIDIトラックはチェーンセレクタを介して選択することができる(理想的​​にはマクロコントロールの1つに割り当てられるであろう)、その後EQが続く可能性のある8つ以上の楽器の種類の選択と機器ラックを含めることができます、圧縮、およびどのような他の効果は、オンザフライであなたのサウンドをダイヤルする必要があるかもしれません。


ヒント3 - それをステップアップ

ステップシーケンスはあなたのための新しい概念であっても、それは、過去に他のハードウェアとのあなたの経験に応じて、古い帽子かもしれません。しかし、それはプログラムのリズムに信じられないほど楽しい方法だし、プッシュのMPCスタイルのリアルタイム音符エントリとともに、それがプッシュのビート作り環境の重要なコンポーネントです。

パッドグリッドの右側に沿って音符間隔/シーン選択ボタンで選択、右下のプッシュのドラムラックコントロールパッドの象限、と16分音符量子化を経由して調整可能なデフォルトの2小節の長さは、、、快適な出発点であるべきしかし、あなたは簡単に十分な、必要に応じてこれらの設定を調整することができます。

Quantization settings


次に、[選択]ボタンを押しながら、ステップ·シーケンサーを介してあなたのクリップに書き込み、その後、あなたはそれを再生したい順番に音符を活性化を開始したいドラムラックパッドをタップし、あなたがどこにあるか見て緑色のインジケータライトに従うあなたの順序のように通って、それはサイクル。あなたが入力したステップのタイミング、速度、時間を調整したい場合は、単に対応するパッドを押したままにし、その自動的に割り当てられたダイヤルを経由​​してLED画面に表示されるパラメータを調整します。

per-step adjustment

ステップごとの調整


ヒント4 - ビートを繰り返し

MPCラインのクラシックなビート作成ツールから別のページを取って、プッシュのノート·リピート機能は、複雑な、複雑なリズムパターンを作るための素晴らしいです。プッシュの右側にあるリピートボタンを押すことでリピートモードに注意して従事した後、パッドグリッドの右側に沿って音符間隔/シーン選択ボタンを経由して量子化された繰り返し間隔を選択します。

今押さえ任意のドラム(またはメモ)パッドはあなたがそれを保持する限り、選択した間隔で繰り返されます。いっそのこと、の顕著なアフタータッチセンシティブパッド、繰り返し注意を押しながら行われた圧力変調をプッシュする原因は、これまで以上にプログラムに本当に表情豊かなリズムが容易になり、速度の変化に応じて記録されます。

Note repeat mode


ヒント5 - 新しいクリップとバリエーションの作成

プッシュの素晴らしいスケール音符入力とドラムパッドエントリと、それはプッシュと際限なくジャムを維持するのは簡単ですが、一度は、クリップにあなたのアイデアを記録する準備が整いました、それは、専用の録音ボタンを押すことと同じくらい簡単です。つまり、あなたは、あなたが特定の長さのクリップを記録したい知っているそうだとすれば、フレーズの終わり直前まで両手でノートを演奏している場合は特に、少しトリッキーなことができ、その場で記録のパンチアウトしようとしている、と述べたあなたは、1拍、32のバーや選択された長さが今、新しく記録されたクリップのデフォルトになりますとの間に所望の記録の長さを選択するために固定長のボタンを押したままにしてこれを設定することができます。

fixed length settings


この期間が終わったらループし、入力した新しいノートは、録音/オーバーダブボタンで録画モードを打ち抜くまで、クリップの最初の上に記録されます。一度記録から打ち抜か、新しいノートが既存と一緒に記録することができ、クリップにそれらをコミットせずにトップの上にジャムに新しいノートをしてから、もう一度録音/オーバーダブボタンを打ち抜いてようやく準備が整ったときに、新しいメモを追加し、できるようになりました。

あなたは1容易に移動で新しいクリップスロットに作業しているクリップをコピーし、それ以降のバージョンに新しいノートを追加する前に、単にヒットプッシュの複製ボタンをあなたの元のクリップのバージョンを保持したいなら、あなたは倍増するダブルボタンを押すことができあなたは以下しばしば元のループの長さよりも発生のバリエーションを追加したい場合は、長さをクリップ。

quantization settings


ヒント6 - ちょうどそれを微調整

どちらのデバイスは、現在、上記の、トラックとデバイス選択ボタンで選択され、パッドグリッドの右側にもプッシュの便利なマクロコントロールノブを経由して現在は微調整です。さ

各ノブでコントロールパラメータはプッシュの高コントラストのLED画面にその下に直接表示されるので、それはあなたがコントロールすることができるかのパラメータを参照するのは簡単です。アクセスしたいパラメータは、すでにそれはあなたがまだの矢印ボタンとアウトデバイスの探査を介してそれを見つけるためにデバイスを介してナビゲートすることができますあなたのラックを構成し、マクロを割り当てるためにこのような良いアイデアだ理由の一つである表示されていない場合マスターボタンの右側。

step sequencing


一度手にあなたの必要なパラメータを持っている、ユニットの左下にオートメーションボタンでセッションオートメーション記録を有効にし、一度オーバーダブを打つ、マクロのノブがクリップのオートメーションなどのクリップにコミットされますを介して行わ微調整。ワナは、パラメータのオートメーションを消去?ただ、[削除]ボタンを押しながら、パラメータの対応するダイヤルをタッチします。


Abletonのプッシュマスターになる:

101プッシュ-作成

プッシュ201 -ヨルダンRudess -限界に挑む

Noah Pred is a Canadian record producer, sound designer, technologist, DJ, and Ableton Certified Trainer living in Berlin, Germany. Releasing dozens of records and touring extensively since the '90s, he currently teaches a wide variety of techniques for stage and studio at the BIMM Institute. For more information, please visit: http://... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!