iPad用コルグガジェットに5つのヒント

Intuitive, fun and powerful are all words used to describe Korg's fabulous Gadget for iPad synth app. Hollin Jones shares 5 timely tips for this must-have iPad app for musicians and producers.  

Korgsガジェットスイートは、専用のシンセやiPad上で実行されているbeatboxesの楽しさと、驚くほど強力なコレクションです。だけでなく、インスタント音楽制作の楽しさを提供するなど、それはあなたが偉大な曲を作ることができ、その袖をいくつかの隠し技を持っています。彼らが何であるかを知るために読んでください

1。機能ボタンを使用して、

搬送領域の左下隅にあるファンクションボタンである。シーンやソングモードのいずれかで、これはいくつかの便利なツールへのアクセスを許可します。ここでシーンモードでは、例えば、それはあなたが、シーン内のバーの数は、この特定のシーンの再生モード、およびノー​​トをスナップするために使用されているグリッドを変更できます。また、ノートやオートメーション·データを削除へのショートカットが用意されています。ソングモードでは、トラックだけでなく、削除する部分との間でデータをコピー&ペーストすることができます。

Pic 1

2。自動化を旅する

シーンでは、あなたは、オートメーションレーンをタップした場合には、その特定のガジェットのすべてオートメーション可能なパラメータを明らかにして展開することができます。これらは、モジュールが持つ制御対象に応じて異なりますが、常にレベルとパンに加え、ガジェットへのいくつかの特定のようなものがあるでしょう。シーンの再生中にオートメーションデータにペイントする指を使用してください。一部のデータはパターン解像度および他のタイプに基づいて踏まれ、ON / OFFスイッチで簡単です。それを削除するためにそれを引き出す。

Pic 2

3。ガジェット内でのFXを選択してください

ほとんどのガジェットは、彼らが鳴らす方法を変更するために微調整することができるいくつかの効果があります。アムステルダムのようないくつかでは、4つのエフェクトスロットの1をタップしてアクセスすることができ、選択可能な効果の範囲を持っている。これは、4に任意のスロット1を選択し、様々な効果の広い範囲から選択できるグリッドを明らかにしている。一人一人がその後さらにエフェクトスロット自体に小さいコントロールを使用して微調整することができます。

Pic 3

4。選択ツールを使用して、

シーンモードでは、グリッドにノートを入力するために、デフォルトの描画ツールを使用することに慣れているでしょう。 [選択]ツールを使用するように切り替える場合は、周囲に複数のノートを描画するために指でドラッグして、グリッドの下に表示されるコントロールを使用して、一度にすべてを編集することができます。これらのコントロールは、選択したノートを削除したり、プラスとマイナスのボタンを使用して、段階的にその速度やピッチを変更してみましょう。

Pic 4

5。完成したプロジェクトをエクスポート

複数のガジェットやシーンからトラックを構築し、曲全体を作成したときには、いくつかの方法で結果としてプロジェクトをエクスポートすることができます。左上にある[ファイル]ボタンをクリックして選択内容を参照するには[エクスポート]オプションを選択します。 GadgetCloudボタンは、FacebookやSoundCloudが搭載特別なオンラインギャラリーを所有Korgsにトラックのミックスダウンをエクスポートします。音声ファイルは、iTunesのファイル共有]タブを介してアクセスすることができ、ローカルコピーを作成します。多くのモバイルのDAWが今いる、DropboxはあなたのリンクのDropboxアカウントにミックスダウンを送信することができ、かつAudioCopyはこれをサポートする別のアプリにペーストしたいファイルを利用できるようになります。

Pic 5

ここコルグガジェットの詳細情報

http://www.korg.com/us/products/software/korg_gadget_for_ipad/


Hollin Jones was classically trained as a piano player but found the lure of blues and jazz too much to resist. Graduating from bands to composition then production, he relishes the chance to play anything with keys. A sometime lecturer in videographics, music production and photography post production, Hollin has been a freelance w... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!