Digital Performerは8では5 MIDIヒント

Digital Performer is an extremely powerful DAW, especially when it comes to editing MIDI! Star trainer, Alexander Adhami, shares 5 excellent tips on working with MIDI here.  

ヒント1:リコールプロジェクトテンプレートにVIを保存

時にはそれはあなたのプロジェクトのために適切なテクスチャや楽器の好き嫌いであれば音の右のセットを見つけるために数時間かかることがあります。あなたはで動作するように16以上のパーツを入手したら、これは特に困難です。

代わりに毎回これを行うには、新しいプロジェクトを開始

NewProject.png

NewProject


この方法では、

手順は簡単です。

プロジェクトを作成し、あなたが好きだろうと楽器のすべてをインスタンス化します。あなたはすでにすべてを持っている古いプロジェクトがある場合は、

Template.png


ヒント2:イベントリストを使用して、

あなたのシーケンスエディタを開き、あなたが働きたいとMIDIトラックを選択します。

highlighted.png


別の値を入力するには、イベントリストで音符の長さのダイアログボックスを二度クリックします。

EventListBox.png


[Enter]を押すと設定は完了です。

Done.png


ヒント3:移調は、楽しさと創造的である

音楽の多くの形態では、メロディーを繰り返し強調しながら調節するキーが魅力的です。これはジャズのような複雑なスタイルで行われますが、それはまた、あなたがダンスフロアに移動し続けるトランス誘導ハウストラックで聞くことができる。もちろん、これはちょっと実験が必要です!この手法を実行する方法はいくつかあります。あなたは移調したいノートを選択します。

QuickScribeSelect.png


あなたはQuickScribeエディタである場合、彼らは黒から青に色を変えることに気づくでしょう。

Transpose.png


ヒント4:ドラム·エディタの鉛筆ツールを使用して、

あなたがドラムパートを作成するためにドラムバーチャル·インストゥルメントのいくつかの種類を使用している場合は、一部を装飾したり編集するには絶好の場所は、Digital Performerのドラムエディタである。一度そこに取得、文字Pを押したままにします。これは鉛筆を引き出すでしょう。今度はドラムエディタのグリッドにノートを描くことができます。これは、余分なスネア·ヒットを追加する簡単な方法です!

Pencil.png


ヒント5:

上の速度に基づいて、いくつかのVIトリガー異なるサンプル。時には、我々は、MIDIキーボードを押したり、お使いのMIDIパフォーマンスのレコーディング中にあまりにもハードコントローラをドラム。たとえば、

による音楽的な理由には、n個のベロシティをトリガー大声スネアサンプルをトリガーしたくないと仮定してみましょう

あなたがMIDIエディタのいずれかに変更したいMIDIノートを選択します。シーケンスエディタはMIDIより深く行くだけでなく、オーディオに最適な汎用性の高い場所です。

Notes.png


地域のドロップダウンに移動し、変化速度を選択します。

ChangeVelocity.png


あなたはそれがしきい値を超えないようにトリガーさせたい速度に上限値と入力を選択します。

Limit.png


今すぐ77上記大声スネアサンプルがトリガーされません!


Learn more about Digital Performer's MIDI editing abilities in Digital Performer 8 102 - Working with MIDI.

Alexander Adhami

More articles by this author

Alexander has been involved in the production of Cirque inspired World Music beginning with his music for Cirque EOS' "Acrobats and Maniacs". Later he was commissioned to record a world music instrument, the Santoor with Joe Cocker on his classic remake of "It takes every kind of people to make the world go 'round". His collaboration ... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!