5エッセンシャル·ロジックPro Xのピアノロールのヒント

You can do so much more with Logic X's Piano Roll than just drawing in MIDI note events. Darren Burgos shares five of his favorite Piano Roll/MIDI editing tricks here.  

ピアノロールは、グラフィカルに編集し、ホードがロジックに再生任意の記録されたMIDIを表示するために使用され、あるいは、直接音符をステップ入力するために使用することができる。また、あなたはここにピッチベンドとモジュレーションようにプレーコントローラデータを編集することができます。この記事では病気は簡単にMIDIレコーディングで作業するために5ピアノロールのヒントを示しています。

ヒント1 - すべてが同じ長ノートを確認してください

あなたの曲の一つでMIDIリージョンをクリックして、MacのキーボードのPボタンを押してください。これはピアノロールウィンドウが開きます。ベースラインを演奏すると、プログラミングのドラム、あるいは記録和音とメロディーは、youllはしばしば、すべてのノートがタイトな感触を達成するために同じ長さになりたい。ノートはyoullのどちらかが、すべてを選択するには、マウス、または、コマンド+ Aキーを押して、それらを選択することにより、処理することを選択します。まず、その長さを調整する領域の端をクリックする。 youreの調整しながら、次にOptionキーをShiftキーを押したままにします。選択したすべてのノートの端部は、現在のグリッド設定にスナップします。

Pic 1

ヒント2 - すべての速度が同じに

それでyoureのながらさて、あなたはまた、すべてのMIDI速度が同じになることをお勧めします。少なからず、velocityhow一生懸命あなたはとてもこの音を平準化します全体の音量を調節し、楽器/ドラムボリュームに割り当てられkeysisを果たした。これはキックやMIDIピアノ/キー部分を記録したの安定化のために素晴らしいことができます。再び、上下速度スライダをドラッグし、Optionキーを押し、最初に平準化するノートを選択します。

Pic 2

ヒント3 - クオンタイズノートキーとスケールの曲に合わせて

私はリージョンパラメータ(インスペクタの上部にある)を使用して好むが、あなたは簡単にノートを量子化しても、音楽的な鍵に量子化し、ここに拡張することができます。うん!あなたのキーにランダムノートを強打することができ、theyllはまだあなたの曲を完璧にフィット!ピアノロールインスペクタからは、ルートキーを選択することができますし、スケールの推奨リストから選択します。

Pic 3

ヒント4 - キーコマンドの周りの注意を移動する

あなたが鍵を再生したり、天気を簡単に左の単音を移動することがある、または誤って非常に便利また、その開始と終了pointsisを調整rightwithout、彼らのピッチを変更するには、上下のノートを移動する、すべてのノートをステップ入力してください。 MIDIリージョン内の単一のノートを選択し、最初のオプションを保持しながら、 上下の矢印キーを使用します。これはアップ、左側の縦のピアノ上下ノートを移動します。今何左右のでしょうか?それがグリッドにジャンプするかどうそれは素晴らしいことだ。 右クリックまたは単一の音符をコントロールクリックし、[Setナッジ値からメニューに表示されていること、ディビジョンを選択します。 オプションを保持しながら今、あなたは、スナップ分割工程によってノート/ノートを移動するために左右の矢印を使用することができます。

Pic 4

ヒント5 - 編集ピッチベンドとモジュレーションホイールのデータ

キーボードコントローラの車輪は、曲げ、あなたのサウンドに生命を追加するための素晴らしいです。あなたはこれらの中から録音するときは、簡単にこのデータを編集することができます。ローカルビュー]メニューの右側にあるアイコンをクリックします。 MIDIドローエリアはピアノロールの下に表示されます。インスペクタのコントローラドロップダウンメニューから、ピッチベンドやモジュレーションのいずれかを選択します。それが表示されたら、あなたは簡単にこのデータを編集することができます。任意のノード/ポイントをクリックすると、あなたがそれを調整することができるようになります。ピアノロールスナップ]メニューから、[スナップオートメーションを選択し、データは現在のグリッド/周設定にスナップします。また、鉛筆ツールに切り替えて、データフリーハンドで描くことができます!

Pic 5

読書のためのおかげで、あなたはこれらのヒントを楽しん願っています!

Darren started making music on computers when he was a teenager in 1987. His first computer was an Amiga, and when he realized the power of computer-based production, his addiction for making electronic music began. Darren switched to Mac in 1994 and started using Logic Pro. He's been involved in many music projects over the years incl... Read More

Discussion

Jacob
Thank you for #4! I use this feature a lot.
Darren Burgos
Great to hear! Yes I do too. Actually I go back and forth between nudging by tick when I'm working on the feel of a MIDI part, and by division when I'm working out the actual part.
lord jons
can you give tips on how to control velocity, pan etc in piano roll of third-party AU like serum, kontakt, massive etc?
tim sun
I like this kind of piano, the installation will not be very troublesome, we are using roll up piano

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!