2011レビュー:オーディオギアの年

Hollin Jones gets retrospective and takes a look at the audio hardware and software that has helped to define the past year.  

2011年世界全体にとって激動の年でしたが、また市場に流れ込んできて、新規および更新されたキットの豊富な、アマチュアとプロの両方のミュージシャンのための素晴らしいもの。音楽


NATIVE INSTRUMENTS

Native InstrumentsはKOMPLETE、バージョン8の最新リリースで一緒にシンセやサンプルベースの​​インストゥルメントの多様なコレクションをもたらし、さらに2011年にハードウェアとソフトウェアの印象的なラインアップを統合するに、おそらく他の開発者よりも行きました。

定期的な1との最良の部分はお使いのコンピュータにインストールDVDを供給することの打撃を和らげるために、独自のハードドライブに来る究極のいずれかだけでなく、以前のバージョンから大幅に価格を落とすように、彼らはまた、2つのバンドルを作成一日。定期的なバージョンは、companysのシンセのコアとビートの兵器庫にアクセスし、音楽を生成しているほとんどだれでものためのツールの実際に固体のセットを提供与え、余りにかなり気寛大です。

Maschine Mikro

MASCHINEミクロ

それと同時に、NIはMASCHINEミクロ、カットダウンが、そのすべて制覇MASCHINEコントローラのない機能が少ないバージョンをリリースした。その兄貴分、その"controllerists"夢だけでなく、華麗なビートボックスと同じソフトウェアをフックすることは、パッドを叩く能力を持つ人のためのスライサーとシーケンシングソリューションを破った。 NIは、アプリ内購入を経由してiMaschine、オンボードのサンプリング、溝のシーケンシングと拡張性を使用するIOSのための驚くほど対応しており、安価なビートボックスとモバイルアプリケーションの世界に入ってその最初の措置を講じた。彼らはまた、それらに追加し続けることができるようにiMaschineプロジェクトがMacに戻って転送できるようにデスクトップとモバイル両方のソフトウェアを作る人のために予約トリック厥をオフに引っ張った。


Propellerhead社

Propellerhead社は驚きによって皆を取り、彼らのおそらく強力だがあまり知られていないオーディオ録音DAWとの最愛のMIDIシーケンサーの理由を組み合わせて、 レコード 、およびはるかに早く我々が予想以上に理由6を立てて。

多くの理由6について書かれており、それが真の理由は完全に、より深刻なものに偉大なビートとループのメーカーであることから行った転換点を表しています。その、使いやすいCPU効率とコンテンツのスタックが付属しています。もちろん、theyreまだあまりにもかかわらず、定期的なリバーブ、コンプレッサーより現代的な電子音楽の好みのためにはるかに応えるエコー、粉砕やアリゲーター、:小道具にもいくつかの優れた新しいエフェクトモジュールを、バンドル。

Balance and Reason Essentials

バランスと理由エッセンシャル

まだないサードパーティ製プラグインのサポート、そしてそれは私たちが本当に見てこれまで期待いけないというものではありませんが、他のDAWにリンクすることはReWireのtheresの、および高度なバッチのエクスポートオプションtheresの。小道具はまた、録音中にクリッピングを避けるために設計され、セーフモードのような革新的な機能で、 バランス 、オーディオインターフェースと、その初のハードウェアをリリースしました。


アップル

iPadの2を言及せずに進むには不可能。薄いフォームファクタはそれが簡単に長時間保持するために行う、そしてデュアルコアのCPUはすべてがそのもう少してきぱきとなり、ソフトウェアがより多くの電力を得るように確実に要件になるでしょうが、それは、第1世代のiPadに大きく異なっていなかったハードウェアワイズ空腹。

しかし2011年に本当の前進が出てきた音楽アプリケーションの範囲内であり、実際に使用可能であった。開発者はIOSのプログラミングの周りに頭を包まれたように、アプリケーションの品質は、屋根を突き破って行きました。そこにそこに負荷がありますが、私たちのお気に入りのいくつかは、次のとおりです。Animoog、新生、iPad用のGarageBandの(そして現在はiPhone)、iElectribe、フェアライトプロ、Nanostudio、Amplitube、FLスタジオ、TNR - iとオムニTRアプリ。加えて、もちろん、iPad用のキツネザル。 Jazzmutantは何年も素晴らしいタッチベースのMIDIコントロールサーフェスを構築していたが、ハードウェアは、法外に高価だった。 iPadの比較的低コストとその増大の採用に加え、ワイヤレスMIDIのコントロールのようなもののおかげで、同社は、はるかに幅広い視聴者に開放、IOSには信じられないほど強力で柔軟な制御ソフトウェアを移植することができた。

Lemur for iPad

iPad用のキツネザル

アレシスiOはドックが実際のニーズを理解する第一iPadのハードウェア製品です:2011年だけでなく、iPad用の最初の実際に本格的にオーディオやMIDIインターフェースのリリース、およびDockコネクタの線をぶら下がり関与していない最初のものを見たプロミュージシャンとしてだけでなく、真の音楽作りのためのアプリの可能性を開く。 twoファンタム電源のコンボ入力、マイク/ラインスイッチ、マスターステレオアウト、フットスイッチでもビデオ出力を使用すると、実際のレコーディングインターフェイスのようにそれを使用してください。

また、偉大なヘッドホンのそれのボリュームの負荷を取得するためのプリアンプ、およびUSBだけでなく、ハードウェアMIDIポートをtheresの。私はそれを触ってみるとすべてがちょうどIOSに組み込まれたCore AudioとMIDIのおかげで働いていた方法に驚きました。あなたがiPadアプリからMac上のコンピュータDAWとVSTSのとAUSからiPadに機器を制御することができます。その素晴らしい。

Alesis IO Dock

アレシスiOはドック


熱心な

Avidは2011年に忙しかったし、Pro Toolsの10、メジャーアップデートをリリースした。それは、32ビットの浮動小数点形式、より低遅延の録音、新しいAvidのチャンネルストリッププラグイン、EuConのコントローラのサポート、および新しいのクリップゲイン、セッション内でファイル形式を混在させる機能、録音やマスターなどの新機能をもたらした特殊なカードを経由して大規模に展開DSPパワーを持つHDXバージョン。

Avid's Pro Tools 10

AvidのPro Toolsの10


遠地点、Celemony

Apogee社は、おそらくデュエット2、MacBook Proがでそれを使用する可能性が高いyoureのと同様に見栄えだけのオーディオインターフェースをリリースしました。わずか2イン4アウトを持っていることにもかかわらず、それは最大24ビット、192kHzの録音のサポート、設定可能なタッチパッドと作業の非常にアップルのような方法へと、見事なサウンド。他の注目すべきリリースでは、ポリフォニックのオーディオクリップの内部に到達し、ほんの数年前には不可能と思われているような方法で個々の音符を変更させる、MIDIのようにフレキシブルにオーディオをレンダリングするCelemonys Melodyneをエディタ2を、含まれています。フランスのシンセの専門家は、アートリアはまた印象的なスパークドラムマシンとそのハードウェアのラインアップを拡充。

Apogee Duet 2

Apogeeのデュエット2


最終的な考え

2011年のものは、私は開発者が一緒にうまく動作するように異種の製品を統合し始めていることを意味するかによってプロオーディオの世界で一緒に来て開始した年のように感じた。簡単に言えば、それ以上のアプリケーションを確認し始めていたそのiOSとデスクトップソフトウェア、デバイスと完全に新しいプラットフォームの成功を活用(例:携帯電話)だけでなく、デスクトップのハードウェア上で信じられないほどの速度の増加の間に多くの接続間で作業。 2012年、2011年の半分の実りある場合は、我々は確かに楽しみに素晴らしいものを持っていた。


Hollin Jones was classically trained as a piano player but found the lure of blues and jazz too much to resist. Graduating from bands to composition then production, he relishes the chance to play anything with keys. A sometime lecturer in videographics, music production and photography post production, Hollin has been a freelance w... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!