11シンセ・ミキシング

Don't commit cardinal sin after cardinal sin when it comes to mixing / programming your hardware or software synthesizer. The following 11 tips are what every self-respecting producer should know.  

シンセサイザーは、音の喜びだけでなく、巨大な、印象的なオーケストレーションを持って、彼らはまた、柔軟性をもたらす、とベテランと新進プロデューサーの選択肢。あなたただし、すべての楽器のように、シンセサイザーはミックスに悪用される可能性がありますいくつかの大きな領域が存在し、

1. Too Much Filter Resonance

掃引フィルタは、EDM、トランス、およびすべてのタイプのテクノで古典的な伝統であるが、これらのフィルタは悲鳴を作ることは、いくつかの対策のための素晴らしい鳴りにもかかわらず、フィルタはオーバードライブしているときに発生大声口笛は本当にしばらく迷惑得ることができます。確かにスイープをフィルタリングし、ドン

2. Mixing Synth Basses On Heaphones

シンセサイザーは、いくつかの深刻な低周波数を打つことが可能です。あなたその低音ながら

3. Using the Same Patches Non-Stop

3. Using the Same Patches Non-Stop

シンセサイザーでは、以上の特定のパッチを備えていた場合、あなたはあなたのリスナーを産んかもしれない、あらゆる楽器のようなものです。彼らは音の基盤を維持するように付与され、低音のパッチは、曲全体に再生することができます。ブレークのない、曲全体を通して再生したとき、リード、パッド、駆り立てると文字列は、しかし、あなたのリスナーを繰り返し印象を与え、退屈を誘発する可能性があります。詩のためのいくつかのパッチ/トラック、コーラスのためのいくつかを予約してみてください、そして、あなたのトラック全体に軽く振りかけする、駆り立てるような、いくつかのパッチを残します。

4. Stacking Synth Basses

ベースシンセパッチのカップルとグルービングは、ヘッドフォンの素晴らしい聞こえるかもしれないが、しかし、すぐにあなたが同じ周波数範囲で互いの上で遊んで2つの競合するパッチを聞くよう、クラブのスピーカー、あるいはスタジオモニターの上に、あなたは何も聞こえないかもしれませんが、低音。代わりに二重低音の、摘む、またはリードスタイルパッチを試してみてください。まだあなたにいくつかのクールなミッドレンジ伴奏を与えながらこれは、正しい場所にあなたのベースを維持します。

5. Forgetting to Filter Those Big Pads!

シンセは巨大な、太い弦セクション、共振スイープ、合唱団などを作成することができます。しかし、phatterパッドは、中より多くの部屋は、あなたのミックスに占める心に留めておきます。あなたがこの中に実行する場合、高い周波数の一部を殺す、とボーカルのためのスペースを行い、ベースとキックが座る場所を持っているように、いくつかの低周波数をロールオフするためにバンドパスフィルタを用いどちらか試してみてください。

Forgetting to Filter Those Big Pads!

6. Use More Than One Step Sequencer Pattern!

私はいくつかの本当に病気のステップシーケンサーパターンを考え出す人のデモの多くを聞きます。しかし、彼らはあなたが複数のパターンを作成することができることを忘れて!もしあなた

Use More Than One Step Sequencer Pattern!

7. Forgetting About Line Noise

古いシンセ、さらには新しいハードウェアのシンセは、しばしばシンセがアイドル状態であっても、聞こえ少しハム/バックグラウンドノイズを延期します。もしあなた

Forgetting About Line Noise

8. Forgetting to Save Patches!

完全に座ってリードパッチに2時間を過ごしますか?ドン

9. Use Sync As Much as You Can!

MIDIと制御は両方とも、複数のデバイス間のプロデューサー極めて正確な同期を与える電圧。同期せずに、複数のパターンシーケンサーを実行する場合でも、あなた、本当に厄介に聞こえることができます

10. Adding Too Many Instruments!

それの

11. Forgetting the Song Underneath All the Electronics

何も沈黙より大きな文を残さありません。そして、休憩を通じて、スパース計測、沈黙の音楽の領域を組み込むミックスは本当に観客の注目をキャプチャする傾向があります。一般的な、暗黙のルールが軽い構成は、より親密な曲は全体来ています。それ

Forgeting the Song Underneath All the Electronics

Conclusion

偉大な力でそれが曲自体に来る場合は特に、大きな責任が伴います。そして、その

Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like Lu... Read More

Discussion

TORLEY
Good things to keep in mind, for sure!

#2 is not necessarily true with the right headphones — in fact due to proximity and tightness, you may actually reap the rewards of more accurate bass in headphones. In my case, it's a necessity due to hearing impairment with speaker positioning. I know this is atypical but it's my great comfort.

The sub-bass on the now-discontinued-but-too-awesome Sony MDR-XB700 is phenomenal and generous without being flabby. For anyone skeptical, I implore you to check out a pair for yourself.

Also re: #11, yeah, technical skills shouldn't overshadow the song itself. Contrasts within a track can be very powerful — such as a light/minimal intro leading up to an intense and dense climax. Another simple thing to do is, if your mix is too crowded and you don't want to simply disable certain tracks, well, just tremendously soften them. It's intriguing how these "shadows" still have a presence in the final mix. Even if they're barely heard... they can still be felt!
RSPalmer94
Really cool read :) thanks
Al Jonson
I agree with all stated, but I really appreciate #2 RE: Bass mix in headphones. Your comment is a confirmation to a personal experience. My mix seemed great in my Seinheiser Headphones, but when I played the song via my trucks sound sys., the low-end/floor caused distortion. Nice article, clear and true.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!